老化肌用のブレンド方法

フクロソウ科の植物で、葉と花から抽出されるアロマオイルです。

 

虫除け効果があると知られる植物で庭先によく植えられています。

ハープ

香りは甘くローズに似たフローラルな香りがします。

 

ストレスを減少、気持ちを落ち着け明るく高揚させる効果があり、生理前や更年期障害によるイライラを緩和させることにも役立ちます。

 

血液の流れをスムーズに、そして利用作用があり、ホルモンバランスの改善、皮脂分泌の調節など身体のバランスを整える効果があります。

 

肌への効能は、収れん作用、皮脂分泌調整、殺菌作用、血流改善作用などバランス力に優れているために全ての肌質に使用しやすくスキンケアに適しているアロマオイルです。

 

肌へ使用する場合いろいろなブレンド方法がありますが、
老化肌によいブレンドは、肌細胞に刺激を与え肌に弾力を与えるローズウッドと、収れん作用があり肌細胞の成長と生まれ変わりを促進するパチュリーがぴったりです。

 

2つとも全ての肌質に使用できます。

 

ローズウッドとは甘い香りが似ているので香りの相性もよいのです。

 

ホホバオイルやオリーブオイルなどの好みのキャリアオイルに数滴ずつ混ぜてマッサージやスキンケアに使用すると、老化肌対策になります。

コメントは受け付けていません。