Author Archive

ストレス解消用のブレンド方法

女性ホルモンが出るとされるローズの香りに似ているとも言われるオイルなので、ストレス解消用のブレンドにも活用ができます。

 

分類としてはフローラル系の香りになるので、相性のいいオイルを選んでブレンドしてみるのがいいでしょう。

ピアノ01

おすすめは柑橘系でもさっぱりとしたリフレッシュできる香りのゆずや精神安定作用のあるラベンダー。

 

どちらも、落ち込んだ時に精神を安定させて復活させてくれる香りとされていて、特にラベンダーとの相性はぴったりです。

 

どちらも女性がイライラした時に試してほしい香りで、不安定な気持ちの時に心を明るくしてくれる作用があります。

 

更年期にも効果があるとされているので、悩んでいる人は試してみてください。

 

使い方は、オイルを混ぜてフットマッサージやデコルテマッサージをしてもいいですし、オイルをそのまま数滴浴槽にたらして芳香浴をしてもいいでしょう。

 

鼻から深く息を吸い込んで臭いをかぐと、リフレッシュできて落ち着く香りを感じられます。

 

また、虫よけとしても使われる香りなので、オイルと水をスプレーボトルに入れてふきかけるといい香りの虫対策にもなります。

 

夏場、殺虫剤を使いたくない時はナチュラルな虫よけとしても活用できます。

老化肌用のブレンド方法

フクロソウ科の植物で、葉と花から抽出されるアロマオイルです。

 

虫除け効果があると知られる植物で庭先によく植えられています。

ハープ

香りは甘くローズに似たフローラルな香りがします。

 

ストレスを減少、気持ちを落ち着け明るく高揚させる効果があり、生理前や更年期障害によるイライラを緩和させることにも役立ちます。

 

血液の流れをスムーズに、そして利用作用があり、ホルモンバランスの改善、皮脂分泌の調節など身体のバランスを整える効果があります。

 

肌への効能は、収れん作用、皮脂分泌調整、殺菌作用、血流改善作用などバランス力に優れているために全ての肌質に使用しやすくスキンケアに適しているアロマオイルです。

 

肌へ使用する場合いろいろなブレンド方法がありますが、
老化肌によいブレンドは、肌細胞に刺激を与え肌に弾力を与えるローズウッドと、収れん作用があり肌細胞の成長と生まれ変わりを促進するパチュリーがぴったりです。

 

2つとも全ての肌質に使用できます。

 

ローズウッドとは甘い香りが似ているので香りの相性もよいのです。

 

ホホバオイルやオリーブオイルなどの好みのキャリアオイルに数滴ずつ混ぜてマッサージやスキンケアに使用すると、老化肌対策になります。

肌トラブルについて

この香りだけでなくアロマオイル全般に言える使用上の注意点ですが、妊娠中は使っても大丈夫かどうか確認するためにもパッチテストをしてから使うのをおすすめします。

 

その理由は、妊娠中だとしていない時期と比べると肌が弱くなってしまうことがあるから。

トランペット

妊娠している時や出産直後は、それまで普通肌でトラブルが起きなかった人も敏感肌になってしまう人も多く、注意が必要です。

 
パッチテストのやり方は、二の腕の皮膚の柔らかい部分にオイルをたらしてコットンで押さえて5分~10分程度そのままにしておきます。

 

コットンをはがした時に、赤くなっていたりしたら合わない証拠なので使うのを控えた方がいいでしょう。

 

また、原液はどうしても濃く皮膚トラブルになりやすいので、使うとするならディフューザーで使ったり浴槽に数滴落とすだけにして芳香浴を楽しむ程度にします。

 
この香りはイライラしている時に使える香りではあるものの、皮膚が敏感になっている時に使ってしまうと肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

 

オイル単体で売られていることもありますが、ローズ系の化粧品に入ってブレンドされていることもあるので妊娠している時などは表示を気にして購入する必要があります。

お肌への美容効果について

このエッセンシャルオイルはローズに似た香りを持つことからローズの香りの代用品としてをよく用いられます。

 

甘くフローラルな香りを持ちながら含有される成分には蚊よけなど虫よけの効果もありながら、美容面でのお肌への効果も高く、身体を健康に保つ効果も発揮します。

ドラム02

含有する成分の中にモノテルペンアルコール類のゲラニオールとよばれるものがあります。

 

これらには引き締め効果や皮膚の弾力回復作用があるのでアンチエイジングにも非常に有効です。

 

肌の皮脂バランスを整えてくれる効果もあります。皮脂バランスが整うことで皮脂細胞のターンオーバーを遅らせることができます。

 

このエッセンシャルオイルには二面性があり、止血効果と血液の流れをスムーズにする効果の両方を持ち合わせています。

 

むくみや肌色がさえないときにも血流を改善してくれるので、正常な状態へと導く手助けをしてくれます。

 

このことから身体に対してもよい効果を持ち、肝臓や腎臓の強壮にも役立ちます。

 

体液が滞留するのを防いでくれるので毒素を身体から排出するのにも役立ちます。

 

そしてホルモン系の働きを整えてくれる効果もあるので、月経前症候群や更年期の不快な症状などを和らげる効果もあります。

体への不調改善効果について

PMSといった月経前症候群や、生理痛や体の不調には、アロマテラピーが効果的です。

 

PMSの不調の多くが、メンタル面に多いようです。憂うつな気分が続いたり、やる気がなくなってしまったり、ちょっとしたことでイライラしたりと、個人差はありますが、様々な不調が表れます。

ドラム

このような不調は、アロマテラピーを上手に取り入れることによって改善させましょう。

 

PMSは、よりストレスを感じがちです。

 

その時は、甘いバラのような香りをかぐと落ち込んだり気分が安心してきます。

 

アロマオイルが与える効果と効能のひとつに、生理の不快症状の緩和があります。

 

女性のホルモンバランスを整えることで、PMSの不調を和らげたり、カラダにたまった毒素の排出効果もあるので、むくみを改善する効能をもあります。

 

使い方はアロマポットを使用する方法がもっとも手軽に効果的に使用できます。

 

間接的にアロマを温めることで、優しい香りが部屋を包んでくれます。

 

また、バスタイムの時にお湯にほんの少しのアロマを垂らすことで、バスルームに心地よい香りが充満します。

 

お湯につかるリラックス効果と、香りの癒しの効果で精神的にも良いですし、温めることで生理痛にも効果的です。

心への癒し効果について

甘く女性らしいその香りは、まるでバラの花のように優雅で癒されるものです。

 

実際に、香りがするということは鼻の内側の粘膜につくということなので、そこから女性ホルモンの分泌を促す働きがあります。

サックス02

女性ホルモンというと、その分泌が減らないことが若々しさを保つ秘訣です。香りを嗅ぐだけで若々しさを保つなんて、それだけで心が踊ります。

近年、自律神経失調症を訴える患者さんが増えているというデータがありますがこれはストレス社会と言われるいまの社会の現状を示していると言えます。

ストレスを感じると身体だけでとどまらずメンタルへの影響も大きいものです。

 

落ち込んだり、イライラしたり、不安になったり、そこからふいに涙が出たり人に当たってしまったりと自分でもコントロールができにくい状態になってしまう方も多いです。

 

そんな時にこの香りがすると、ふっと元気になれるのです。気持ちを高揚させてくれることで落ち込んだり沈んだ気分のバランスを調整してくれるとも言われています。

 

自律神経が整うと、気持ちが上がったり下がったりする不安定さがなくなります。ホルモンと自律神経は切っても切れない関係であるということは、香りはホルモンの分泌だけでなく神経バランスの調整までしてくれるのです。

 

神経を整えることで、気持ちも大らかでいれます。

香りの成分について

おもに働く香りの成分には、シトロネロール、ゲラニオール、リナロール、蟻酸シトロネリルなどがあります。

 

シトロネロールは、分類で分けると、アルデヒド類に分類され、主な作用として、抗菌・消炎・鎮痛に働きかけます。

サックス01

ゲラニオールとリナロールには、分類で分けると、モノテルペンアルコール類に分類され、抗菌・抗ウイルス、緩和、鎮痛効果があり、この3つには、共通して、防虫効果も期待できます。

 

蟻酸シトロネリルは、分類で分けると、エステル類に分類され、鎮静、鎮痛、消炎、血圧低下などの主な作用があります。

 

利用法として、芳香浴、マッサージ、スキンケアなどに活用でき、防虫効果が期待できることから、部屋の防虫剤として置いておく方法もあります。

 

フローラル系で甘くほのかなローズを思わせる優しい香りが特徴であり、心身のバランスを整える働きもあります。

 

この精油は、生理など女性の気になる症状の緩和にもすぐれており、生理などによる、不安やうつ的な気分を鎮め、安定になるよう心を整え

ていく効果があります。それだけではなく、ホルモン調整作用や利尿作用・むくみ改善などに役立ち、また、皮脂のバランスを整える効果もあることから女性の味方です。

 

種類について

園芸店でよく見かけるテンジクアオイはゼラニウム属やペラルゴニウム属からなります。

 

もともとはゼラニウム属だけだったのですが、のちにペラルゴニウム属が分岐しました。近縁な種類なので特徴もよく似ております。

ギター02

もともとはアフリカ原産の植物で、乾燥には強いですが冬の寒さには弱く、凍結するような環境であると枯れてしまいます。

 

原種の物は極度に乾燥した土地に適応した植物のため、園芸品種とは見違えるような容貌をしていますが、太い茎や厚い葉などが面影を残しております。

 

古来よりアフリカでは傷薬として使用されてきました。

 

非常に多くのものが存在しますが、バラに似た芳香をもっているものが香水として使用されてきました。

 

なかにはリンゴや柑橘ににた芳香をもつものもあり、さまざまな用途で利用されています。

 

西インドに自生するものが、特に強いバラの芳香を持つため珍重されました。

 

また、魔よけや虫よけとして、いまでも家の周囲や窓辺に置くことがあります。

 

ヨーロッパでは皮革の匂い消しのために、南フランスに植栽されたのが始まりです。

 

その後、園芸用として珍重され多数の品種が作られました。

 

日本では明治時代に輸入され、葵の葉っぱに似ているから外国産に付けられるテンジクの名を取り、テンジクアオイになったようです。

 

魔除けなどの歴史

ヨーロッパでは魔除けやまじないに用いるために様々なハーブが栽培され、使用されてきました。

 

特に医学の未発達であった中世では、ペストなどの疫病の流行もあり、当時の学問の最先端であった教会では内服薬として庭でハーブを育てていたようです。

ギター01
歴史を振り返ると、病気発症のメカニズムは、紀元前のギリシャ人の医者ヒポクラテスが発見していました。

 

しかし、その考え方は上手く広まらず、古代よりヨーロッパに於いては、病気は悪霊や呪術、神が与える試練などの超自然的な力によって発症するという考えられていました。

 

そのため外科的治療によって無理矢理病気を克服することは、キリスト教徒として行うべき行為ではなく、治療とは身体に入り込んだ悪霊などを薬草などによって身体の外に追い出すことで”克服”することを指していました。

 
薬草として認められるハーブは、聖書に書かれた内容やヨーロッパ各地に伝わる伝承・伝説が元になったようです。

 
例えば、クリスマスなどに使われる西洋ヒイラギは、イエス・キリストが十字架に架けられる時に被せられた荊の冠であり、赤い実は処刑で流されたキリストの血と考えられていました。

 

そのため、悪魔を身体から追い出す力を宿していると考えられたようです。

 
この考え方はギリシア・ローマ文化復興活動が盛んになるルネサンス期まで続きます。